会社の選び方

カードローンをこっそり利用するために必要なのは在籍確認を回避し郵送物をゼロに近付けることです。申し込みをする際にはそれらの条件を満たせる会社を選ぶ必要があります。

しかし、その全ての条件を完璧に満たしたうえで確実に審査を通過できるカードローンとなると、ほとんど選択肢に余裕がなくなってしまいます。各会社の条件と、自分がどの程度まで妥協できるのかを見比べながら最適な会社選びをすることが大切です。

そのなかでもまずはインターネットでの申し込みに対応しており、自動契約機でカードの受け取りが可能な会社は条件の大半を満たすものとして検討の対象に挙げておいていいでしょう。最近では申し込みから振り込みまでをネットやスマホアプリで対応している会社もありますし、コンビニATMと提携している会社の場合、利用者がお金を借りているとはほぼ思われないでしょう。

参考|新生銀行カードローン-レイク
申し込みや借り入れ、返済もスマホで出来るカードローンサービスです。

また条件は限定されますが、銀行と提携している消費者金融には借入や返済を全て提携する銀行口座で行うことで、カードそのものが不要になるというサービスを行っているところもあります。他にも在籍確認の回避方法にも会社ごとの特徴があるなど、会社選びにはこれが絶対という基準はありません。自分の生活のなかでカードローンの利用がバレるとしたらどのポイントなのかを把握して、そこだけは確実に避けるよう注意するのがもっとも重要です。

こっそり借りるには?

家族や職場にバレないようにカードローンを利用するためには大きく分けて二つのハードルがあります。まず最初は審査時の在籍確認です。在籍確認とは申し込み時に記載した職場に、本当にその人が勤めているのかどうかを電話連絡によって確認することを言います。

電話の内容自体は担当者が個人名を名乗り申し込み主を電話口に呼び出すだけのものですので、その電話からカードローンの審査であることが発覚することはまずありません。ですが職場に電話を掛けられること自体プレッシャーになりますし、小規模な会社の場合はその電話連絡一つで上司や同僚から余計な詮索を受ける可能性もあります。
そこで電話での在籍確認を回避することのできるカードローンを選んで申し込んでおくことが重要になります。

次に自宅への郵送物によってカードローン利用がバレるケースを警戒しましょう。消費者金融も銀行も郵送物にカードローンを連想させる名前を直接記載することはありませんが、それゆえに家族に勝手に開封されてしまう危険性は高いと言えるでしょう。
申し込み時の書類のやりとりやカードの受け取りといった手続きは、なるべく郵送ではなくネット上や無人契約機の利用で完結させられるサービスを選びましょう。

カードローンをバレずに利用

カードローンは節度を守って計画的に使えば非常に便利なものですが、借金のようになるカードローン利用を快く思わない人は多く存在します。そこで、どうしてもカードローンを利用したい事情があるが家族や職場の人間には内密にしたいといった場合には申し込みや書類の提出、カードの受け取り方法などに様々な配慮が必要になってきます。

ですが、逆に言えば正しい知識と工夫をしていれば家族や職場にバレないようにカードローンを利用することは可能だということです。ただしカードローンを利用するためには最初に厳正な審査を通過する必要があります。
それに加えて家族や職場にバレない形で利用可能なカードローンとなると更に条件は狭まってしまいます。まずは申し込みをする前に自分が審査を通過できるかどうかを見極めておくことも重要になるでしょう。

カードローンの審査基準は消費者金融系のものと銀行系のもので異なっていますから、自分の職業や収入の状況を見てどちらに申し込むのが得策であるのか確認しておきましょう。
通常、定期的に安定した収入のある会社員であればカードローンの審査はほぼ問題なく通ります。自営業者や個人事業主、フリーターなどは多少厳しくなりますが特定の書類を追加で提出したり借入限度額を低く抑えることで審査に通過する可能性は上がります。

主婦の場合は少し特殊で、配偶者貸付という制度を使い銀行系のカードローンを作るのが一番の近道になります。またどの場合であっても、他の借入返済の遅延などで個人信用情報にマイナスの評価をつけないように注意しましょう。